未分類」カテゴリーアーカイブ

技術が分からん人は、しばらく黙っておけ

「技術が分からん人は、しばらく黙っておけ」と、コインチェック事件について、世の中に言いたい。

この事件の肝は、人・組織の問題ではなく、多くの企業において、オンライン上のデータがいつでも盗み出される技術的課題があるということ。その対策を、人・組織ではなく、技術として課題抽出するためには、コインチェック側の施策を具体的に開示してもらう必要があるが、人・組織の話に関心がある人たちが世の中に多いから、メディアはこぞってそれを大々的に人・組織の問題に誘導するように取り上げてしまう。さらに技術では理解できない人たちは、人・組織の行動として厳しい規制やルールで縛り付けようとする。これでは貴重な記録を開示したいと思わないだろう。

なぜこの事件に食いつくのかというと、2000年ごろのITブームの中で、今と同じような状況を見て来たからだ。その頃、私が勤めていた企業は、独自開発をした暗号アルゴリズムを強みに上場した。当時、ITブームが進むにつれ、個人情報流出などコンプライアンスの問題が噴出した。そして、メディアは個人情報流出の事件をこぞって流し、企業は技術的な課題抽出ではなく、人・組織としての課題抽出ばかり行った。せっかく芽を出し始めていた若いテクノロジー企業は、コンプライアンスの縛りに苦しみ、叩かれ、その後、長い不景気に再び突入した。

今、IoT、ビックデータ、AI、など様々なバズワードが飛び交い、投資家からテクノロジーベンチャーに資金が回るようになってきている。勢いで前に進むベンチャーは、コンプライアンス的な課題を露呈させる。でも、それは進化するための、想定範囲内の出来事である。どうか、学習して欲しい。

日本国民は、日本企業に対し、過剰品質であり、コンプライアンスにうるさい。そして合理的な海外企業に、その隙を奪われてしまっている。例えば、ヤマト運輸が運んだ箱に少し傷があると、問題として大きく取り上げるが、Amazonが運んだ箱であれば合理的だと騒がない。

そういう無駄な体力消費の構造を日本は作ってしまった。もし、ベンチャーがコンプライアンス的な課題に直面したならば、速やかに技術的な解決が取り組まれるよう、技術が分からないならメディアの餌にされないよう、どうか騒ぐことだけはやめてほしい。

コインチェック事件について

2018年1月26日、国内仮想通貨取引所のコインチェックが、史上最大級のハッキングの被害に遭いました。

仮想通貨、政府は「一時的な取引制限」検討すべき(朝日新聞 2018/1/29)

コインチェック仮想通貨流出 警視庁が本格捜査へ(NHK 2018/1/29)

仮想通貨の浸透に疑問を抱く著名人は多いですが、自分なりの持論をブログに書いてみようと思います。
持論を持つと敵を作ったり揚げ足を取られたりしますが、なるべく敵を作らない、事なかれ主義、触らぬ神に祟りなしな、そういう日本的文化を作ろうとしている人達にアンチテーゼを奏でたくて。

まず、前提として、私個人は、被害者では有りませんが、僅かながら仮想通貨を保有しております。
で、仮想通貨の今後について、私の意見としては、「仮想通貨は、今後も幾つかの事件が発生し、それに伴い規制やセキュリティを進化させながら、安全な取引として、社会に適合していくだろう」です。

今回の事件は、とても驚く規模ではあるものの、取引所のハッキングは珍しいものではなく、過去何度も発生している現象です。

総額5000億円以上、最も巨大な『ビットコインハッキング事件』5選

おそらく、今ショックを受けている方たちは、最近保有し始めた方達なのではないかと思います。
それ以前から保有していた方は、当時、ハッキングのニュースを見た時に、WEBウォレットに秘密鍵を預けるような行為は避け、デスクトップウォレットやハードウォレットに移行しているはずです。2017年後半から仮想通貨がかなり高騰しましたが、多くの方がWEBウォレットに預けたままであったのでしょう。この事件でヒヤリとした方は、なるべくWEBウォレットを避けたほうが良いと思います。

次に、今後起こることの予測ですが、仮想通貨の進化に向けて、色々な団体が動き始めています。こう言うと残念では有りますが、新しい概念は事前に完璧な対策を考えるのは極めて難しく、現象が起きて初めて対策を考える部分を含んでしまいます。監査法人ですら、ICOによる資金調達の処理に困っているようです。

仮想通貨の広告自主規制 業界団体が要請

仮想通貨推進する財団 “流出通貨を識別できる対策とった”

仮想通貨で資金調達、「ICO」に監査法人も困惑

心理としては、対処が分からないものに、不安や恐怖を覚えるでしょう。今後もハッキングが起きる度に、局所的なパニックが発生すると思います。
しかしながら、ICOによる資金調達は、既に3000億円を超え、ベンチャーキャピタルからの調達額を超えてきているようです。

【2017年版】ICOまとめ/ ICOの資金調達は3220億円!前年の1200%以上に達する

それぞれのICOの内容を見ると、詐欺に注意しなければならないものがあるものの、素晴らしい社会意義のあるものも沢山あります。そして、それぞれのICOのマイルストーンをみれば、2020年頃にリリース予定であるものが多いようです。ICOで調達した企業が、業界のゲームチェンジを果たしていく頃には、仮想通貨取引所も、規制や構造改革を乗り越えて、信頼されていくのであろうと思います。

よって、ここでパニック売りにならず、私は引き続き、仮想通貨やICOに関心を持ち、保有していきたいと思います。

キャリアを変えるためのスキル習得法

  • キャリアのために新しいスキルを身につけるには、その勉強を早くしたほうが良いでしょう。
  • ちゃんと使えるスキルが身につくためには、読書するだけでは難しく、アウトプットすることも重要になるので、年単位の期間が必要になるからです。
  • 年単位の勉強をするためには、強いモチベーションが必要です。
  • 強いモチベーションの源泉が、原体験、好奇心、危機感、死生観、反発、共感、素直に楽しいから、などなど、それぞれどれが適切なのか?を論じる意味はないと思います。異なるものが複数であっても良く、自分が感じたものすべてに、意味付けを行ってみると良いでしょう。それは肯定的なものだけではなく、否定的なものであっても良いでしょう。
  • 否定的な感情の場合は、その逆の事象が本当に肯定的であるのかを確かめれば良いでしょう。
  • 意味づけを行うために、関心を持ったことについて、多くの人と話をして、自分がどんな言葉を使い、どんな感情になっているかを、感じてみると良いでしょう。
  • 強い感情になった時こそ、客観的に自分がどんな感情になっていたのか?を冷静に分析できると良いでしょう。特に、メモをするなど「言語化」が必要となります。
  • 関心を持った事で、良質な会話をするためには、同じ関心を持った人と話すほうが良いでしょう。その関心は、肯定的に捉えた人だけではなく、否定的に捉えた人と話すと、より自分の気持ちの強度を確かめることができるます。
  • どんな事が、自分にとって良いモチベーションになるのか?を悩みすぎていても意味があまりありません。とはいえ、近視眼や食わず嫌いにならずに、広い世の中を見てから、選んだ方が良いでしょう。特に、自分が恐怖や不安に感じているものの真実を見ると、蛸壺化になっている部分が見つかり、世界観が変わることが多いようです。
  • つまり、関心を持った場に足を運ぶことが、最初の行動となります。
  • 例え、自分の選んだ道が、他の人と正反対で不安になっても、自分と同じ方向に歩む人たちと一緒になれるのであれば、不安はすぐに薄れるでしょう。
  • 世界観を広く持つことは大切です。勉強をスタートする時に、迷いが少なくなるからです。
  • でも、色んな事を知ると、返って整理できずに混乱することもあります。
  • そんな時のために、気持ちを整理するための親友やメンターを見つけると良いでしょう。
  • 友達やメンターは、気持ちを楽にして喋れる相手が良く、素直に喋ることによって、使う言葉がどんどんシンプルになっていることに気づくでしょう。
  • 関心を持った場に足を運んだとしても、客観的な位置で見ているだけでは、本当の自分の気持ちを確信できません。
  • その場で、手足を動かして当事者になれる役目を探さなくてはなりません。
  • おそらく、モチベーションの真実は、「何か自分ができることはありますか?」「何かお手伝いできることありますか?」「私も一緒に〇〇やりたいです」のという言葉が出る、その一瞬の葛藤にあるのでしょう。さらに、それを社交辞令とされずに、ちゃんと計画し、実行に移すところまで、前に出てコミュニケーションできるかの勇気を出すところにかかっているでしょう。
  • しっかり目立って前に出れば、人は地に足をつけて、やり続けるものです。誰かに迷惑をかけたくないし、その方が心が平穏となるからです。それこそが、勉強を長く続けるためのモチベーションです。
  • しかし、道を進むと、別の道が気になるときもあります。
  • 別の道を選ぶことに後悔や罪悪感を覚えることはありません。その道は、今の道を進まないと現れなかったのだから。
  • とはいえ、やっている事を途中で諦めると、身につきそうなものが、身につかなくなります。
  • 最初は、別の道が現れる事を想定しておきながら、短期間でお試しできることから始めると良いかもしれません。
  • ところで、キャリアの節目を予想することは絶対にできません。ほとんどが「運」だからです。
  • でも「運」が現れてから必要な条件を揃えても遅いのです。「運」はすぐに過ぎ去ってしまうものだからです。
  • その「運」を掴むための「何か」は、だいぶ昔の「何か」の行動であることであることが多いようです。点と点が繋がる瞬間、それが「ご縁」と感じ、次の行動に繋がるのです。
  • その「何か」を増やすことができれば、たくさんの良縁を得ることができます。
  • なので、キャリアを変えるためのスキルを身につけるためには、モチベーション探しに場に足を運び、前に出て行動し、アウトプットしながら勉強するのことが良いのだと思います。